二世帯住宅は上手くいかない!しんどいし苦労が絶えない…

日記
この記事は約8分で読めます。

「二世帯住宅なんてしんどいし、苦労ばかりだよ!」

そう周りからのアドバイスを横目に建てた二世帯住宅。結果から言うと、

「はい。その通りでした…」

しんどいどころか苦労の連続で何度家に帰るのをためらったことか…。ここでは私の実体験を元に二世帯住宅の本当の生活を紹介したいと思います。

もし、これから二世帯住宅を検討している方は今から話す様なリスクもあることを念頭に入れておいて下さい。

また、もうすでに二世帯住宅で生活している方は今後の対策などについても考えてみましたので共有したいと思います。

この記事は私視点で書いていますので、あくまでも子供夫婦からの視点ということになりますので了承してください。

何故、2世帯住宅にしようと思ったのか!?

家の設計図

まず、何故2世帯住宅にしようかと考えたわけですが、私の場合は「親の希望」と私の「親孝行」という強いエゴによって実現してしまいました。実際親も、

「孫を見ることしか楽しみがない!」

なんて言っていましたので私も、

  • 親に孫を見せることができるなら
  • 共働きだし子供の面倒も見てもらえる
  • 家賃も折半で無理なく返済できる

といった安易な気持ちから2世帯住宅を建ててしまったわけです。もちろん家が建つ様子を見ている時は初めて自分名義で建てた家ですのでワクワク感でいっぱいです!

しかし、実際家が建ってしまうとそこには想像もしていないような修羅場が待ち構えていました。

2世帯住宅にすると親の監視が入る!?

監視

これは私の親の場合なのですが、2世帯住宅となるとどうしても同じ敷地内に住んでいますので本来なら見なくていいものまで見えてしまいます

もちろん私は、自分の親なので、それほど苦にはならないのですが嫁さんの場合は別。嫁さんの精神的なストレスが日に日に溜まっていくのが目に見えてわかるようになります。

もちろん人から言わせたら、

「2世帯住宅で住むことを了承したんだから、ある程度は我慢する必要があるはずなのでは」

と、こんなことを言うかもしれません。

しかし大抵こう言う人は、自分自身が2世帯住宅で生活したことがない人だと思います。私も2世帯住宅に住んで色々なことを学びました。

そして、自分の親にも散々に言われることに!

「嫁さんがあの子じゃなければもっと違った生活だったのに!」

「きちんと子供にご飯食べさせてるの!?」

「2世帯住宅なんだから頻繁に顔を出すのは普通だろう!」

「自分たちだけが楽しく生活すればいいと思ってるの!?」

などなど、書いていくとまだまだあるのですが今回はこれくらいにしておきます(笑)

ちなみに我が家は2世帯住宅なのですが、玄関・水回りなどもすべて別にしています!

こんなことを書くと、

「何でそれで問題になるの!?」

なんて言われてしまいそうですが、ハッキリ言って別々にしていたとしても問題は勃発するのです!

価値観の違いによる問題!

2世帯住宅で上手くいかない原因の一つとして、価値観の違いがあげられると思います。もちろん私は成人するまで親と共に生活していましたので親の言動にそこまで納得がいかないわけではありませんでした。

しかし、嫁さんは違います。

もともと他人同士だったのに一緒の敷地内で生活しているわけです。ただでさえ嫁さんとの価値観が完璧に合致しているわけではないのに、自分の親の考えを一方的に押し付けられてしまうと反発してしまうものです。

そう!これが世に言う嫁、姑問題ですよね。

わが家の場合は特に2世帯住宅だったのでこの問題が非常に大変でしんどいです。

人によったら、旦那の家のやり方には従わなくてはいけないはずだ!こんなことを言う人もいますが、皆んなが皆んなそんなことできるわけがありません。

生まれた場所も違えば育ってきた環境も違うわけです。結婚したからといって全て相手の親の生活感に合わせなくてはいけないということになれば、自分が自分では無くなります。

そう嫁に言われ続けました…。挙げ句の果てに、

子供をあの人たちに会わせたくない!

なんて言ってしまう始末です。さすがにそれはダメだと思い、

「親は孫に会いたがってるんだから見せないのはダメだ!」

とも言いました。すると嫁さんは、

「私はあの人たちの奴隷!?あの人たちの言う通りに動かないとダメなん!?」

こう言います。もちろん私はしんどいです。

しかし、一つだけ言えるのは自分たち夫婦が喧嘩ばかりしていたら子供の成長にいい影響は及ぼさないということ。この現状を親に指摘された時に親の主張に拍車がかかってしまうのは言うまでもありませんよね。

その為、板挟みになってしまっている夫としてはお互いをなだめる他ないのです。ここが二世帯住宅はしんどいし苦労が絶えないと言う根源なのかもしれませんね。

また、2世帯住宅で問題が起こっている家庭というのは基本的に夫に決断力行動力、そして説得力が無い場合に起こりやすいかもしれません(私を含めて><)

もしあなたが2世帯住宅で悩んで苦労している夫の立場であるのなら、注意してくださいね!

私の場合、基本的に優柔不断で決断力が欠落しています。ただ、家族みんなで仲良く生活したいという理想を持って生活はしています。

優柔不断は周りを振り回してしまうことになりますし、何より自分の家族からの信頼も無くしてしまう可能性があります。

自分が良いと思って結婚した女性なのに、親にあ〜だ、こ〜だ言われて離婚してしまうことだけは絶対に避けてください。

もちろん自分の親も大切です。しかし、自分の子供や嫁さんも大切ですよね?

嫁さんに自分の親の悪口も散々聞いてきて嫌いになってしまっている部分もあるかもしれませんが、嫁さんも人間です。ストレスは溜まりますので夫がそれをしっかり受け止めなければいけません。

では、親と嫁の板挟みになっている夫はどういった行動をとればいいのでしょうか!?私の考えを少し書いて見たいと思います。

夫としての役割って何!?

ここで2世帯住宅における夫の役割について考えてみました。私の場合は、

  • 嫁さんの愚痴を最後まで聞く
  • 家族サービスを多く取る
  • 出来るだけ喧嘩をしないように心掛ける
  • 親に対しては普通に接する
  • 嫁の愚痴を絶対に親に言わない
  • 孫を気が向いた時に会わす
  • お互いの主張を落ち着いて聞く

などを心掛けています。しかし、私も人間です。時によったら爆発してしまいがちになりますので、友人達との飲み会の場で愚痴を爆発させています(笑)

一時期は本当に心労がひどくて家に帰りたくないと思っていた時期も何度もありました。(今でも嫌なのですが。。。)

「何で俺はここまで皆んなに気を使わなくちゃいけないんだ!?」

本当に辛かったです…自分は何のために生きているのか…。自分らしく生きていない自分に嫌気がさしました。

  • 「もう少し嫁が理解のある人なら…」
  • 「もう少し親が自分たちの時間を楽しんでくれたら…」
  • 「もう少し親の干渉が少なかったら…」

こんなことを常日頃からしんどい中思っていました。でも、今になって分かったのですが結局は自分次第なんですよね。結局自分も人のせいにしようとしているってことじゃないですか?

これじゃダメなんですよね。

自分名義の家に親と私たち息子家族が住んでいるわけですから自分が仕切らなくちゃいけないわけですし、2世帯住宅を建ててしまったわけです。

自分の中で出来るだけのことはやらなくちゃいけないわけです。(命令したり強要するって意味じゃないです)

でも、辛くてしんどい時もあるはずです。そんな時は思いっきり泣いてもいいと思いますよ?

私なんか2世帯住宅の問題で10回以上泣き叫びましたから(もちろん誰もいないところで)

正直、2世帯住宅でうまくいっている家庭はごく一部だと思います。

私の近所の人も2世帯住宅で生活していましたが、息子夫婦は新築3年目で引っ越して行きました。でも、お互いの生活を考えてのことだと思うのでそれはそれで正解だったと思います。

しかしその息子夫婦も、年始には必ず親に顔を出しに行っていますからね。

二世帯住宅でもある程度の距離感は大切!

私の結論でいうと自分の親と自分の家族との距離感はある程度あった方がいいです。もちろん私の場合のように、

「孫に会わせて!」

って言い寄ってくる場合もあると思います。

しかし、2世帯住宅が本当にしんどい!そう感じるのであれば、お金はかかってしまいますが少し場所的に距離をおいた方がいいと思います。

親からしてみれば、

「何でそんなことする必要があるん!お金もったいないやん!」

って言われてしまうかもしれませんが、そこは上手いこと言いましょう!お互いの生活を守るためです。

自分の親ですからどんなことを言えば納得してくれるのかもある程度わかるかと思います。

自分を守るために、家族を守る為にも2世帯住居でしんどい…、苦労している…そう感じるのであれば50mでも良いので別の場所に居住地を移動させましょう。

必ず今とは違った生活環境になりますから。

【追記2019.9.19】

あれから色々あって私は新しく住居を構えることになり、二世帯住居から本当の意味で自分名義の家を購入しました。二世帯住宅の様な苦労は今はありませんが、新しい地域に馴染む為に奮闘中です^^

今もし二世帯住居を考えている方は「本当に二世帯で住んでも良いのか?」今一度よく考えてみて下さい。そして既に二世帯住居で生活している方はしんどいし苦労していると思います。

記事内でも書きましたが是非数mでも良いので賃貸もしくは住宅を購入をして、今の場所から離れてみることを強くオススメします。

【追記ここまで】

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は私の主張をメインで書いてしまったわけですが、2世帯住宅で悩んでいる人って意外と多いと思います。

もちろん奥さん側の悩みも大きいとは思いますが、一番大変なのは板挟みになっている夫だということを理解して欲しいですよね。でも、これは二世帯住居ならではの使命なのかもしれません…。

せっかく建てた2世帯住宅ですが上手くいかない場合は場所の距離をおく必要もあるはずです。私も実は親に、

「こんな状態なら一緒の敷地内に住む必要がない!出て行って欲しい!」

こう言われました。

なので近い将来この家を出るようになると思いますのでその時はまた「2世帯住宅〜解放編〜」みたいな感じで執筆してみようと思います(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました