これでバッチリ!?5月病対策で効果的な対策方法3つを紹介!

マインドセット
この記事は約4分で読めます。

5月病と聞くと働くサラリーマンをふと思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。実は5月病は誰にでも起こりうるものでもあります。

一度5月病になってしまうと、ご存知の通り何もやる気が起きなくなってしまうどころか体調を崩してしまう可能性すらあります。

そうならない為にも、自己防衛の意味も含めて自分でできる5月病対策を知っておくと良いですよね。ここでは私が実際に心がけている5月病対策をいくつか紹介したいと思います。

是非、今後の5月病対策の参考にして頂ければと思います。

5月病対策で効果的な対策方法3つ

対策①:疑いを持つ!

5月病は目に見えてわかる病ではないのでどうしても軽視しがちです。しかし、もしかしたら5月病!?と疑いを持つだけでも心持ちは少し変わってきます。

5月病は言わば気落ちしている状態なので、そのまま放っておくとドンドン悪く考えてしまいます。最悪の場合、「精神疾患」と診断されてしまう可能性すらあるのです。

どんな病気でも言えることなのですが、早めの診断と早めの対処で結果は大きく変わってきます。特に、今までは何て事無かったのに、

  • 疲れやすい
  • 眠れない
  • 直ぐにイライラする
  • 何もする気がない
  • 動悸がする
  • めまいを起こしやすい
  • 食欲不振

などがある人は要注意です。私もサラリーマンをしている時、人事異動をいくつか経験した事がありますが、慣れない環境での今後の不安などが溜まって、気落ちしてしまった事があります。

「もしかしてこれは5月病!?」

と早めに自分自身の体の変化に気付くことが5月病を早く治すことにも繋がるのです。

対策②:誰かに聞いてもらう

心に秘めている事を誰かに話すということはとても勇気のいる事です。しかし、第三者に聞いてもらう事というのはとても大切で、5月病に対してもかなり大きな役割を果たしてくれます。

もちろん、上司、友達、親などに話すと、

「何か愚痴ぽい人間だと思われるのでは?」

と思ってしまうかもしれませんが、このまま何も話さないでおく事の方が自分自身の体調を悪化させてしまうことにもなりかねません。

大抵は、「最近悩みがあって…」と話を持ちかけると人は聞いてくれます。サラリーマン男性であれば友人や同僚などと一緒にお酒を交えると話し易いですよね。

学生であっても気の許せる友人に話すことで気が晴れる事もあります。また、女性であればカフェでスイーツを食べながら友達とワイワイ話すのも、ストレス発散にはとても効果的ですよ。

とにかく今の自分の心の中に溜まっているものを第三者に話す事が精神を落ち着けるためにも、ストレスを発散させるためにもとても大切な事なのです。

対策③:お風呂で体を温める

お風呂で体を温める事は医学的にも自律神経に良い効果を与えてくれると言われています。特に不眠などの症状が出ている場合には効果的です。

また、眠れない状態というのは、

  • 悩みから来てる場合
  • 体は疲れているのに目はさえてしまう

などの原因が考えられます。これは副交感神経が休んでいなく活発に働く為であり、それが自然と眠りの妨げになってしまっている事があるのです。

ではもう少し掘り下げてみて5月病に効果的だと言われている入浴方法についてもみてみましょう!

5月病に効果的な入浴方法

寝る1時間前に38℃~40℃位のお風呂に入る

(アロマ等を入れると神経に良く効きます)

基本的に人の体は睡眠を取る事が一番大切なのです。寝る子は育つ!というのも間違いではなく、睡眠というのは寝ている間に、1日の中で起こった嫌な事や体の疲れなどを修復してくれる作用があります。

また、良い睡眠は心身ともに悪い事もリセットさせる事が出来ますので、私たちの体に自ずと良い影響を与えてくれるのです。

そういった理由もあるので、その日に嫌な事があったとしても必ず夜だけは眠るようにしましょうね!

私も過去に不眠による5月病を発症した時は、寝ようと思っても中々眠る事が出来ませんでした。今思うと怖いのですが、強制的に眠ろうとして眠剤を服用したこともありました。

しかし、死んだように眠ってしまっていたのに翌日にスッキリした気分には慣れませんでした…。そんな時に今回紹介した方法を実践したところ、気分も晴れやかになり気がつくと5月病を乗り越える事が出来ました。

5月病はいわゆる精神の不安定さから発症してしまう事が多いです。なので、自分の精神を落ち着けてあげる事が最も大切だと私は思います。

そうする事で多くの場合、5月病も解消されているはずです。

自分の中で「これをするとストレス発散になる!」これが分かっている人は進んでそのストレス発散方法を実践してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は5月病対策で効果的な対策方法3つを紹介してみました。取り入れられそうな項目はありましたでしょうか?

自分は5月病ではない!そう決めつけてしまわないように、まずは自分の精神状態の変化に気付きましょう!そして、5月病の疑いがあるのであれば自分なりのストレス発散方法を実践してみましょう。

それでも改善が見られない場合は、大事をとって病院で受診するようにしてください!特に1週間も同じ症状が続く場合は危険ですので早めに病院での受診をお勧めします。

コメント

  1. kouki より:

    愛媛県に住んでいるkoukiというものです。
    ネットサーフィンしていたら
    HAYATOさんのブログにたどりついたので
    始めてのコメント失礼します
    最近「五月病かな?」と思うことがあるので
    参考になりました!
    しないといけないことがあるのに身体が動かずぼーとしてしまうことが
    増え、夜もなかなか眠れない日々が続いていたので
    お風呂の入り方など参考にしたいと思います
    有益な情報をありがとうございます。
    ブックマークしときます!

タイトルとURLをコピーしました