コミュニケーション能力を高める5つの方法

マインドセット
この記事は約6分で読めます。

「コミュニケーション能力を高める方法って無いかな…」

こんなこと思っていませんか?最近はコミュ障なんて言葉も良く聞きます。コミュニケーションを上手に取る事によって人に与える印象も変わってきますし、そこに信頼関係も生まれやすいです。

信頼関係が構築できると、人脈も出来てきますし、何より自分にとって良い環境が整ってきます。つまり、コミュニケーションが上手に取れると何かと色々メリットがあるのです。

小手先のテクニックはもちろんのこと、コミュニケーションを取るという本質的な部分についても触れています。

コミュニケーション能力を高めることで様々なメリットが生まれる!

コミュニケーション能力を高めることで色々なメリットが生まれます。コミュニケーション能力を高めれば、相手を不愉快にさせてしまうことも激減します。

コミュニケーション能力が高い人は自然と人から求められる人間になれますし、人脈も増えてくるのです。そうなると、様々なチャンスや運に恵まれようになります。

そこで、ここでは会話の中におけるコミュニケーション能力を高める方法を私の経験を元に5つほど紹介したいと思います。

ぜひ、意識的に行ってみて下さい。

コミュニケーション能力を高める方法(1):傾聴

傾聴…、つまり聞き上手です。

コミュニケーション能力を高めたい!と考える人の中には、人と話すのが苦手な人もいると思います。

そういう人は、聞き上手になる事を意識すると良いです。

これは私自身のことでもあるのですが、人とコミュニケーションを取る場合、特に会話の技術はそこまで重要視しなくても十分コミュニケーションは取る事ができます。

相手の会話の流れに合わせて頷いたり、意見したりする事で、話をしっかり聞いてくれていると思ってもらえますし、自然に会話の内容も頭に入りやすいです。

つまり、

聞き上手になる事で相手を観察することも出来ますし、人の考え方も学ぶ事ができます。そして何より相手に良い印象を与える事ができます。

相手に良い印象を与える事ができれば、相手もどんどんと話の引き出しを開けてくれますので、色々な情報を得ることも出来ます。

話す事が苦手な人は特に聞き上手になる事をお勧めします。

そして聞き上手になることで、色々な情報をインプットします。インプットした情報が多いと人はアウトプットするようになります。

アウトプットする機会が多ければ多くなるほど、人は自己成長出来ますし、自然に話し上手になる事ができるのです。

つまり聞き上手は話し上手になる為の第一歩でもあるのです。

コミュニケーション能力を高める方法(2):バックトラッキング

バックトラッキングとは「おうむ返し」のことです。

相手の話をそのままおうむ返しする事です。人は自分と似た人に共感を持つ性質があります。そして、否定される事が苦手です。

バックトラッキングすることで、話し相手は無意識のうちに自分と似た話し方をするあなたに親近感を抱くようになります。

ただ、注意したいことは、バックトラッキングは過度に使うのはNG!意味がないどころか、自分の真似をされているという不快感が生じてしまう可能性もあります。

そのため、バックトラッキングは、自然に取り入れることが大切です。そうすることで、コミュニケーション能力は劇的に高まります。

例えば、

相手「昨日さ、めっちゃ最悪な事があったんだよね」

私「そうなの?どんな最悪なの事があったの!?」

相手「スマホを店におき忘れてきてさー」

私「え!スマホを店におき忘れてどうなったの!?」

相手「店主が回収してたんだけど、スマホの中身見られてるっぽいんだよねー」

私「スマホの中身見られてるってやばいじゃん」

って感じですね。

こうやってさり気なくバックトラッキングをする事で、相手に真剣に話を聞いてもらってると思ってもらえる事ができるので、自然に親近感を持ってもらう事ができるのです。

逆の立場でもそうですよね?

自分が話した言葉を相手が発してくれると、話し、聞いてくれてるって思いませんか?

それです。

コミュニケーション能力を高める方法(3):立ち振る舞い

初めて出会った人が、会話した時、その人をどう思ったかは、話した内容よりも見た目が大きく影響する事が統計上分かっています。

話しの内容よりも、その人の人柄の方が印象にのこり、影響します。

とても大切な事ですが、必ず、「挨拶」をしますよね。出来るだけはっきりと大きな声で元気に挨拶をし、明るく、笑顔を心がけます。

特に笑顔は相手に「敵意を持っていないよ」というシグナルにもなりますので、警戒心を解くためにも笑顔は不可欠です。

また、相手の目を見て話します。しかし、目を見ることが苦手な人って多いですよね。そんな場合は、相手の鼻、肩など、顔もしくはその周辺を自然に見るようにします。

ぜひ、意識して習得してみて下さい。

コミュニケーション能力を高める方法(4):話を学ぶ

ある程度、顔見知りになってくると、次に必要なものは「会話力」です。

やはりこれはコミュニケーションの中では人間として切っても切れない関係です。

聞き上手と合わせて、話し上手も必要です。

話し上手に!と良いっても話の流れや構成を考えるのはとても難しい事なので、話し上手の第一歩としてお勧めなのが、質問力を高めるという事。

相手との話の中で気になることは積極的に質問するようにした方がいいです。

中には、分からないままその場をやり過ごす人もいますが、次にその話題が出たときに、

「え!?この前話したじゃん!?」

てことになってもいけませんから、分からないこと、疑問に思ったことは進んで質問するようにしましょう。

質問することで、話のネタも増えますし、何より会話に引き出しが増えることによって色々なシチュエーションにも対応できるようになってきます。

なので聞き上手が出来てきたら、話し上手(質問上手)を目指すようにしてみて下さい。

トーク番組を見てみるとその辺りが非常に勉強になりますのでオススメです。

コミュニケーション能力を高める方法(5):ポジティブに

そして最後にこれは一番大切なことなのですが、基本「ポジティブ」な意識を持ちましょう!

否定的で、ネガティブな意見をしないように気をつけると、自然に表情も明るくなりますし、相手に与える印象も良くなってきます。

時には開き直る事も大切ですし、何より、相手の良いところを探す習慣をつける事が大切です。

「言霊(ことだま)」という言葉があるように、言葉一つ一つには魂があると言われています。スピリチュアルな事だと言われるかもしれませんが、同じ言葉でも、相手を思う気持ちによっては悪い言葉にもなりますし、いい言葉にもなります。

※ちなみに私は全く霊感はありません(笑)

もちろん、これはさすがにダメだろ!ってことに対しては「ダメ」と言ってあげるようにして下さいね。

人と接する、コミュニケーションをとる、といった観点ではポジティブシンキングはとても大切な要素になってくるわけですね。

まとめ

コミニケーション能力を高める方法をあげましたが結局は、相手に良い人と思わせる事が成功のカギと言えるかもしれません。

しかしながら、そればかりに気を使っていると逆に、おかしな人になってしまいますね。

もちろん、上記にあげた項目はとても大事なことばかりですが、人間としての基本要素で、約束や時間を守るというのは最低限の*ノンバーバルコミュニケーションだと言えます。

※言葉以外の情報をもとに相手の心情を読み取るコミュニケーションの事

いくら、話し方や聞き方を徹底的にマスターしていても、約束を守ることが出来ない人が信頼されることはありません。自己を、

  • より高い能力
  • より大きい成功
  • より充実した生き方
  • より優れた人格

などの獲得を目指すことで、おのずと、他者にも認められるようになると思います。そして、人とのコミュニケーションに自信がついてきたら、沢山の人脈と、チャンスが待っています。

けっして無駄なことではありませんので是非、実践してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました