【Jetpack】プラグインのアクセス解析で自分を除外する方法

サイトトラブル
この記事は約3分で読めます。

WordPressのプラグインで【Jetpack】をインストールしているブロガーやサイト制作者の方は多いのではないでしょうか。

【Jetpack】では簡易的なアクセス解析が利用できるのですがこれ、便利ですよね。そこでこの記事ではJetpack内の機能のアクセス解析で自分のアクセスを除外する方法を紹介します。

WordPressのプラグイン【Jetpack】とは

WordPressの【Jetpack】というプラグインは有料サービスを含めると30以上も便利な機能を利用する事ができます。ブロガーの方も、

【Jetpack】入れてたら他のプラグインはいらないんじゃない?

というほどです。例えば、

  • セキュリティ面を強化したり
  • 画像を最適化したり
  • アクセス解析が使える

など、すごーく便利な総合プラグインです。

特にアクセス解析はGoogleアナリティクスをわざわざ開かなくてもWordPress内の管理画面ですぐに確認する事が出来るので私もよく使ってます。

そんなある日、というか今日、以上にアクセスのグラフが伸びていたんです。

もしかして何かの記事がバズった!?

と胸をワクワクさせてたんですが、どうやら違うみたい…。自分で編集していた記事のアクセスだったのです。

つまり、

 

訪問者のアクセスではなく自分のアクセスがカウントされていた…

 

という事。これは早急に対処しないとまた”ぬか喜び”する自分が見えたので速攻で対処しました。

【Jetpack】アクセス解析で自分のアクセスを除外する方法

このままだといくら便利な【Jetpack】だとしても全く意味を成していません(汗)

早速、自分のアクセスを除外する設定を行なっていきましょう!

WordPress管理画面>Jetpack>設定を開きます。

表示された上部バナーの「トラフィック」をクリックします。

③下にスクロールしていくと「サイト統計情報」の欄がありますのでクリックします。

「次の場所からログインして閲覧したページビューの数」のチェックを全て左にします。

この設定でようやく自分のアクセスは【Jetpack】でカウントされなくなります。

やっと正常なアクセスを確認する事ができるね

まとめ

WordPressの便利なプラグイン【Jetpack】ですが、設定次第では役に立たない代物になってしまいます。

特にサイト運営者にとっては毎日のアクセス確認は日課でもありますからね。

いつもより以上にアクセスが増えている?

そんな場合は今回の【Jetpack】の自分のアクセスを除外する方法を思い出してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました