上司と合わないから辞めたい!対処法はある!?

サラリーマンのススメ
この記事は約6分で読めます。

この記事では上司と合わないから辞めたい時の対処法はあるのか?ということで紹介したいと思います。

職場に自分とは合わない上司がいると会社へ行くのが嫌になりますよね。当たり前なことなのですが、私たち人間は人と人との繋がりの中で生きています。

もちろん、人との繋がりの中で、「この人、いい人だな〜」と思う事もあれば、逆に「何だこの人!嫌な奴!」なんて思ってしまう事もあるわけです。

出来ることならその人と顔も合わせたくないかもしれませんが、仕事場ですのでそういうわけにもいきませんよね。

仕事場によったら必ず毎日顔合わせしなくてはいけない場合もあるはずです。

では、自分と合わない上司がいるから会社を辞めたい!こう考えた時に何かいい対処法はあるのでしょうか!?

上司と合わないと感じたのはどんな時!?原因は!?

上司と合わないと感じる瞬間って正直かなりあると思います。

しかも一度「あ〜、この人ダメだわ!」って思ってしまうと次から生理的に拒絶してしまうこともあるでしょう!

その中で、私が今までにサラリーマンをしてきた中で上司と合わないと感じた瞬間をいくつか紹介したいと思います。

1)仕事上の失敗を感情で怒ってくる時

仕事をしていると当然失敗をすることもあります。

私も過去に職場で色々失敗をしてきました。その時に感情的に怒ってくる上司もいました。

怒られるのは仕方ないことだとは分かっているのですが、それを同僚等がいるフロアなどで大きな声で怒られた時なんて赤面ものです。

怒っている本人は感情的になっているので周りが見えていないかもしれませんが、怒られている側って結構周りを気にしてますからね。

その為、悲しい気持ちと恥ずかしい気持ちなどが色々混ざってしまい、こんな気持ちにさせたその上司を嫌いになってしまうなんてことは結構あるはずです。

もちろん怒られた後も何かしらフォローがあれば違いますが、大抵は感情的になっていましたのでフォローしてくることはないと思います。

2)酒の席でグチグチと嫌みや、説教を言い出す時

お酒の席になるとやたら上司って説教したりしませんか?

私のいた職場にもそう言った上司がいました。基本的に会社に属していると自分よりも目下の人間に対して上司は色々語りたい生き物なのです。

「自分が若い頃はこうしてきた〜。。。」

「昔はこんな感じで、あんな感じで〜。。」

なんて言ってる上司見たことないですか!?はっきり言って「あ!そう!」、「はいはい、またその話ね」って思ってしまう内容ばかりです(笑)

でも仕方がないんですよね。

基本的に上司という生き物は部下に対して説教したがる生き物なのです。私も過去に自分の部下(同僚)を何人も抱えていましたが、同じようなことを言っていたようです。

その時の同僚たちとは独立した後も結構飲みに行ったりするのですが、根に持っているのかその時のことをちょくちょく言われます(笑)

3)こちらの話を聞いてくれない時

「何を言い訳しているんだ!」

と言って、全くもってこっちの言い分を聞こうとしてくれない。また、自分のミスでなく相手側のミスでも、

「お前がしっかりしていないからこうなるんだ」

なんて言ってくる最低な上司もいるでしょう。ただでさえ悪い状況なのに余計に悪化して、出口が見えなくなってしまうことも多いです。

こんなことを言う上司は先ほども紹介しましたが、大抵感情的に怒っていることが多いです。しかも、自分では解決の糸口が見えないので、なんとか部下のせいにしようと必死なんですよね。

そんな部分が垣間見えたら当然その上司のことなんて嫌いになってしまいますよね。

上司と合わないと感じた時の対処法は!?

合わない上司がいたら、どうして言いか分からない。そんな時の対処法ってあるのでしょうか!?

実はこう言う時って、自分の気持ちを変える事で乗り越えていける場合があります。

私の体験を通して話したいと思います。

過去の話なのですが、私はその上司から一度も褒められた事がなく、いつも怒られてばかりでした。

その上司が嫌で仕方なかったんですがある時、上司の机の引き出しが空いていて、その中に「不登校の子とどう接していけばいいか」との題名の本を見つけてしまいました。

この人も子供の事で悩んでいるんだ。血が通う人なんだと感じました。

それから、自分が上司に対しての気持ちを変える努力をして「上司は敢えて自分の為に厳しく言ってくれてるんだ」と思うようにしました。

すると、不思議とあんなに怒っていた上司があまり怒らなくなり、こちらが変われば相手も変わってくれるんだと知りました。

短所も長所も表裏一体です。

相手を見る時は直ぐに悪い所しか目がいきませんが、その人のいい所を見つけて自分の中で伸ばしていくようにすれば、合わない上司が変わっていく。

それは自分が変わったから相手も変わっていく法則だと思います。

これが出来ればどんなに合わない嫌な上司に出くわしても大丈夫です。もちろん直ぐには出来ませんが、ぜひ絶えず意識して癖にしていく訓練をしてみて下さい。

会社は辞めた方がイイ?辞めない方がいい?

合わない上司がいたら、ストレスも溜まるし、それが毎日になるとそこから逃げ出したくなりますよね。

辞めるか!?

我慢して会社に留まるか!?

どちらの選択を選べばいいのか迷いますよね。DV、言葉の暴力など受けた場合は別ですが、合わない上司だけであれば会社は辞めない方がいいと思います。

例え、会社を辞めて転職をしても、やはり、姿は変われども、似た状況に出くわす可能性があると思います。

出来れば辞めないで会社にいる方がいいのですが、どうしても辞めたいと思うのであれば、直ぐに辞めることの行動を移す前に誰かに相談をしてみましょう。

同僚、友達、会社の先輩などにじっくり聞いて貰うことでまた違った考えになるかもしれません。

もしメンタルまでやられてしまっているのであるなら、早めに病院へ行ってカンセリングを受ける事をして下さい。

上司と合わない時の退職理由は!?(会社を辞める場合)

退職をすると決心した場合、退職の理由が上司と合わないから、なんて中々言い出せないですよね!

なので他の理由としてオススメなのは個人経営(自営業)をする為にと言った理由がベターです。また、

  • 体の調子での理由
  • 家族の為の理由

などもあると思います。会社を辞めると言うことは、転職をすると言うことでもあります。

次へ進むためにあなたのイメージが悪くなってしまっては後味悪いです。

そうならない為にも、出来ることなら良いイメージを残せる理由にする事が、次の会社への就職もスムーズにいく方法だと思います。

上司と合わない時の異動願いってあり?

上司が合わないだけの理由では、まず異動願いは通りません

それを通していたら、沢山の者が異動願いを出すことになるからです。

但し、その為に体の調子が悪くなったとあれば、先に相談と言う形で持っていく事をお勧めします。あと、パラハラの場合だけは異動願いは通るかも知れません。

但し、どこまでがパラハラなのかとパラハラの定義が難しので上司にされた事を実証する為に、メールや電話の声は残しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は上司と合わないから辞めたい!対処法はあるのか?と言うことで紹介してみました。

今も昔も、合わない上司で悩んでいる人って多いと思いますが、自分も人であれば上司も人です。

相手は自分を映し出す鏡だと思えばいいのです。

自分が努力して気持ちを変え接していく事で、解決できた例はたくさんあります。

時に人は苦労する事も財産なのかもしれません、自分が上司で苦労した分、今度は自分が上司になった時に、部下の気持ちを分かってあげれる上司になれるかも知れません。

その日が来る時の為に、今は反面教師とでも思えばいいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました