会社の飲み会に行かないのはダメ?飲み会が全てではないよね

サラリーマンのススメ
この記事は約7分で読めます。

「会社の飲み会面倒だな〜〜」

「会社の飲み会って絶対出席しないといけないのかな…」

 

こう思っている方もいるのではないでしょうか。サラリーマンとして働いている方であれば一度は会社の飲み会に参加した事がありますよね。

 

私もサラリーマンだった頃は事あるごとに、

「飲み会だ!飲み会だ!」

と騒いでいましたが、同じ職場内でも飲み会に参加している人と参加していない人もいました。

 

そもそも、会社の飲み会って絶対に参加しなくてはいけないものなのでしょうか!?少し考えてみましょう!

 

逆に誘われないケースもある様です。

▶︎会社の飲み会に誘われないのは何故!?

会社の飲み会に行かないのはダメ!?

そんな疑問にぶつかる人もいると思うのですが、結果から言ってしまうと別に行かなくても大丈夫です。(しかし、抑えるべきポイントはあります)

 

私は役職を与えられていましたので、ほとんどの飲み会には参加していたのですが、もちろん飲み会に参加していない後輩たちもたくさんいました。

 

私が考えるに、会社内での飲み会って幾つかの種類に分けられるのではないかな?って思います。

  • 歓迎会
  • 送別会
  • 忘年会
  • 新年会
  • 取引先との接待等
  • 会社の上司や同僚、後輩たちとの飲み会

基本的に私の中で参加しておいた方が良いと思うのが、「会社の上司や同僚、後輩たちとの飲み会」以外の上5つの飲み会です。

 

この5つ以外の飲み会以外は基本参加しなくてもイイのではないかと思います。

 

この5つの飲み会って、やっぱり職場内の人事が関係していたり、年の暮れとか年の初めの挨拶が絡んでいますし、まして取引先の方との関係は仕事をしていくにあたって必要なことです。

 

それに職場内での最低限の人間関係を築いていくためにも必要だと思います。

 

しかし、最後の「会社の上司や同僚、後輩たちとの飲み会」って上記5つの飲み会よりもはるかに多いんです!

 

実際私の勤めていた会社でも2週間に1回、多いときなんて毎週のようにありました。

 

この飲み会を仕事の内だと捉えて毎回のように参加している人を見かけたことがありますが、正直お金が大変ですよね!?

 

例えば、週に一回5,000円と考えて月に4回、5回。。。飲み会だけで月20,000円〜25,000円はかかってしまいます。

 

独身の実家暮らしなら十分やっていけると思いますが、既婚者の人だと家計が圧迫されてしまう可能性だってあるわけです。

 

なので、「会社の上司や同僚、後輩たちとの飲み会」というのは金銭面や精神的にきつい場合は参加しなくてもイイんです。

 

その代わり、当然ですが会社内での仕事内容はきちんとしておく必要はあります!

 

仕事も適当で飲み会にも来ないってことになってしまうと、周りに「テキトーな人間」とレッテルを貼られかねませんからね。

 

飲み会というのはサラリーマンの世界では、

  • 仕事での愚痴をこぼしあったり
  • 職場内の改善策などを提案したり
  • くだらない話をして日々の疲れを癒したり
  • 自身の仕事に対する提案を上司に聞いてもらう

など、上記の話がメインなような気がします。

 

一見するとこんな話をわざわざ仕事が終わった後にしなくてもいいんじゃないの!?って思ってしまいがちなのですが、サラリーマンにとってはこの飲み会が無くなってしまうとストレス発散の場がなくなってしまうわけですよね。

 

人によったら仕事が手につかなくなってしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、飲み会は嫌い!だけど仕事には不満もなくストレスも感じていない、職場内での人間関係も良好!こういった人なのであれば行く必要はないのかもしれません。

 

あなたが飲み会が嫌いな人間で、出来ることなら行きたくない。。。しかし、どう思われるか不安。。。と考えるのであれば次の事を頭に入れておくと自信を持って断ることができるかもしれません!

会社の飲み会に強制力はない!

そもそも会社の飲み会に絶対参加の強制力はないということです。会社になぜ働きに行っているの!?と聞かれれば多くの人が、

「お金を稼ぐため!」

と答えるはずです。会社が飲み会の費用を払ってくれるわけでもないですし、そもそも必ず飲み会に参加しなくてはいけないといった義務は無いのです!

▶︎サラリーマンにとって上司は絶対なのか!?経験談から考えてみた!

あなたのお金はあなたのもの

私が勤めていた会社で、パチンコ好きで仕事ではあまり営業の業績の良くない子がいました。

 

ある日、彼がパチンコに行っていることを知った上司がその彼に言った言葉、

 

「パチンコに行く金があるなら営業商品の一つや二つくらい買うことできるんじゃないか!?」

 

なんて言われたことがありました。

 

確かに会社の業績を考えるのであれば上司として当然のことを言ったのかもしれませんが、そもそもパチンコに行く行かないに限らず使っているお金はその彼のものだということです。

 

それは飲み会の席でも一緒で、先ほども言ったように参加の義務はないですし、まして会社や上司のおごりでもなく自分もお金を払わなければいけないのであれば、別にわざわざお金を払ってまで参加する必要はないのです。

損得勘定で考えてみる

あなたが悩んでいるその飲み会はあなたにとって得なのでしょうか!?それとも損なのでしょうか!?そこを考えてみると行くか行かないかの考えが明確になるかもしれません。

 

私の場合は、昇任試験の事もあったり仕事場の上司との繋がりを強化するためにも参加する必要があったのですが、もし、参加者だけで(仲間内で)ワイワイガヤガヤするだけの時間を過ごすのであればあまり必要はないかもしれませんね。

 

個人的に私の中で飲み会というのは「仕事の延長上」といった考えだったので、結構参加していたわけですが、目的意識がそこまでハッキリしていなくて、尚且つあまり行きたくないのであればキッパリ断ったほうがいいですね。

 

しかも、最近は禁煙ブームでもありますし、ほとんどの場合居酒屋などでは分煙をしていません!

 

タバコの煙が嫌いな人は苦痛でしかないですよね。

 

自分にとってその飲み会は意味あるものなのか!?損なのか!?得なのか!?ということを考えてみると参加の有無はハッキリしそうですね!

まとめ

いかがでしたか!?どうしてもサラリーマンをしていると、会社での付き合いだからしょうがない。。。と諦めがちになってしまいそうですよね。

 

実はそうではなく、自分にとってその飲み会は必要なのか!?ということを考えてみると意外に無駄な出費を抑えられるかもしれません(笑)

 

しかし、繰り返しますが会社での自分の仕事に対しては責任を持ってしっかりとこなすように努力しましょう!

 

飲み会には来ない!仕事もテキトー!こうなってしまうと会社の人間はあなたのことを過小評価しかしません。下手すればハブられる可能性もあるかもしれません。

 

飲み会には行かない!でも、普段の仕事はしっかりと責任持ってこなしている!のであれば、何を言われる筋合いはないわけですので自信を持って断ってください。

 

文句言われることはないと思いますので^^

 

飲み会が嫌いな人は以外と多いです。もちろん好きな人はもっと多いですが自分の周りは好きな人ばかりだったとしても周りに流されないようにしましょう。

 

自分の人生は自分にしか決めることができません!

 

あなたが正しいと思う行動を取ればいいのです!

▶︎何で仕事しなくちゃいけないの!?って思う時に思い出したこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました