WordPressテーマ【Diver】でGoogle自動広告を設置する方法

アドセンス
この記事は約4分で読めます。

DiverというWordPressのテンプレートですが、かなり使い勝手が良いです。当ブログはCocoonというWordPressの無料テーマなのですが、アフィリエイト関係のサイトは大体Diverで私は作っています。

そこで今回はWordPressテーマの【Diver】というテンプレートでのGoogle自動広告を設置する方法を紹介します。

設置の仕方もかなり簡単なのですぐに出来ますので、サクッと自動広告を設定してみましょう。

WordPressテーマ【Diver】でGoogle自動広告を設置する方法

Diverオプションの基本設定でアドセンスの、

  • data-ad-client
  • data-ad-slot

を入力する項目がありますが、ここに数値を入力しても自動広告にはなりません。

HAYATO
HAYATO

ここの項目はDiver側でGoogleアドセンス(レスポンシブ広告等)の表示箇所の指定を行う場合に使用する項目になります。

Diverテンプレートでアドセンスの自動広告を表示させる場合は、他のテーマ同様に<head>と</head>の間にコードを貼り付ける必要があります。

設定手順1:Diverの親テーマを呼び出す

WordPress管理画面の「外観」>「テーマエディッター」へと進みます。

すると右上にテーマの選択ができる項目がありますのでここで「diver」を「選択」します。

Diverの子テーマで設定できれば良いのですが、header.phpが親テーマのみなのでDiverの親テーマで行なっています。

また、テーマの更新が行われるとデフォルトに戻ってしまいますので、テーマの更新があった場合は再度設定し直す必要があります。あと、万が一の時のためにバックアップは必ず取っておく様にしましょう。

とりあえず「diver」を「選択」したら一旦ここで待機して、アドセンスの自動広告のコードを取得します。

設定手順2:自動広告のコードを取得

Googleアドセンスの管理画面に入ったら、左側の「広告」の「自動広告」をクリックします。すると以下の様に「自動広告を設定」という項目がありますのでこちらをクリックします。

もし自動広告の設定が初めての場合は以下の記事を参考に設定しておきましょう。

▶︎

次に「自動広告を設定」をクリックすると自動広告ようのコードが表示されますのでこちらをコピーします。

コピーが完了しましたら、再びWordPressのDiverテンプレートに戻ります。

設定手順3:header.php(テーマヘッダー)を選択

WordPressのDiverに戻ったら右側のテーマヘッダー(header.php)をクリックし、3行目に<head>の記述がありますので、ここの下にコピペします。

コピペし終わったら一番下の「ファイルを更新」をクリックして完了です。

もし<head></head>が分からない場合は「command」+「F」で<head>を検索するとすぐに見つかります。

自動広告が表示されているかを確認する

ここまで出来たら、実際にGoogleアドセンスの自動広告が表示されているのかを確認しましょう。

自動広告コードを初めて取得した場合は表示されるまでに30〜60分くらいかかります。

今までに取得したことのある場合はすぐに反映されるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はWordPressテーマ【Diver】でGoogle自動広告を設置する方法について紹介しました。

アドセンスのレスポンシブ広告同様にDiverオプションの<body>内記述でいけるかな?と初めは思ったのですが、自動広告に関しては<head>と</head>の間に記述しなくてはいけない様です。

自動広告はGoogle側で最適な場所にアドセンスを表示してくれますのでとても便利です。ぜひGoogleアドセンスの自動広告をDiverで表示させる場合は参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました